2013年09月15日

14 グッドエンディング/バッドエンディング










やすだあおい.jpg

保田が俺の部屋で待ってる。
今は、ともかく彼女と話がしたい。







保田を部屋で30分は待たせてしまった。

子供の頃は考えられなかったシチュエーション。

ともかく、彼女と色んな話がしたい

昔のこと、最近のこと、これからのこと…。




かるびのことは…。

もう、終わったんだ。終わった話。

俺だって、これからの自分の事を考えなくっちゃあな。




実家の階段を上がり、俺の部屋のドアをそっと開けた。

ドキドキしている。中学の頃の感覚に近い。





「保田…?」



やけに静かなので、自然と小さな声で呼びかけた。




「(うっわあ………)」

セクシーやす.jpg

俺は、凝視することが出来なくて、

思わず顔をそらした。

何度も言うように、保田は俺にとって天使だ。

アイドルとかスター、それ以上の存在。

もし、憧れの人が、自分の部屋に、自分のベッドに寝ていたら、

じっくり観察なんて出来ますか? 俺には無理…。





「やす…」




起こしちゃ悪いな、と思いつつも、

もし、うたた寝の程度だったら、ちょっと起きて欲しい気もする。

ちょっとずつ、顔をそらしながら、ベッドの方へ少しずつ近づいた。





「保田…? 寝てる…?」



返事はなかった。

ようやく、彼女の寝顔をまじまじと見る。

セクシー安.jpg

「きれいだな…」

人形のような、子供のような…。






さて…?

これから、俺はどうしたらいいんだ…?

正解は…?

いろいろ、意見はあるだろう。






”いろいろつらい目に合って、今日は楽しく遊べたんだ。そっとしておいてやれ”

そりゃそうだ。

ちょっと、自分に着いてきたからって調子に乗っちゃいけない。

保田はそんなつもりで来たわけじゃないんだ。





”寝てる隙に、キスぐらいしちゃいなよ…”

キスしたいわ。こんなきれいな顔が目の前にあるんだもの。




”起きたら起きたで、どうとでも言えるさ。
だって、彼女はここまでお前に着いてきたんだぜ?
お前に好意を持ってるんじゃないか?”


だめだ…。そんな都合よく考えられるものかよ。特に保田に限っては。




”もう、お前もいい大人だろう。彼女だってわかってくれるさ!”

そんな。









…でも。

世の中、お互い好きじゃなくたって抱き合う輩はたくさんいる。

でも…。なんかダメなんだ、そういうの。

性行することがピークじゃないんだ。

そのあとのことも、俺にとっては大事で…





目の前のきれいな保田の顔を、もう2分はみつめている。

だいぶ、この状況に、自分も慣れてきて、

今度は身体の方に目がいく。毛布はかかっていない。

指先、胸元、両脚…。

きれいすぎる。宝石のように…。

俺は、

保田の顔に、手を伸ばした。

額にかかった前髪をそっと触って、分けた。

そのまま、手の甲の部分を…彼女の頬にすべらせた。

理性が薄まっていく。

自分の中のルールをぶっ壊したくなる。





(このまま、強引でも…)




そうさ、

世の中、みんなそうなんだろ?

もう俺だって、中年の域に入ってるのに…いつまでプラトニックしてんだ。

一晩限りとか、セックスを楽しむ、とかよくある話じゃないか。





大体、

世の中、みんな、俺に比べたら、全員ちょいワルなんだよな!

普段、まともな事、言って、正しさを主張するくせにさあ…。

けっこう、自分勝手にやってるじゃん。

不倫とかもそうだし。

結婚したり、彼女がいるのに、風俗に通ったりさ。

下半身は別って。

言い訳にもなってないこと、平気で言う。

相手の事、彼女の気持ちとか、考えないのかなあ。






でも…

俺もそうなんなきゃダメ…か?

思えば、今までいろんなこと我慢してきた。

たった一度の人生…とか考えるとキリがないけれど。

かるびのことだって、そうだ…。

我慢して我慢して、

自分の気持ちを抑えてきて、結局、自分に何が残った?

保田だって言ってたじゃないか。

「話す前に考えてる」って。

思った通りのことを行動しろって言うんだろ?

だったら…。






今、俺は保田にキスしたい。

俺は保田を、今、好きなのか?

愛してるのか?

淡い初恋の思い出と、

単なる性欲。

スカートの中に手を入れたい。

それでいいの?

保田の気持ち、考えないの…? 
















「無理だー…!!」



そんなの無理。

今までの女の子とは、違うんだ、保田は…。

もう、女性じゃなくて、人間として…








ああ、

ダメだなあ、俺は。







ベッドのそばから少し離れようと、

立ち上がろうとした。




「!」




保田と目が合った―。








a-ha "and you tell me"

君を嫉妬させようと変な小細工をしたり、
君が離れないようにするために僕は一生懸命努力したんだ
一日は長くて、夜は狂いそうになる
自分がおかしくなるんだ 君がいなくなってから
だけど、君はこう言う
”愛してなんかいないくせに”

タイトルは、この曲から引用しました。
俺が保田に会いに行く途中、ウォークマンでよく聴いていた思い出の曲です。


Facebookお見合いアプリ

女性無料ご招待!日経産業新聞にも紹介されたFacebookお見合いアプリ「Omiai」
サービス開始わずか10日で男女のマッチング成立1,000件突破!
匿名性かつ、Facebook友達にも知られずに利用できるからあなたのプライバシー
も守られます。
毎日100名以上の容姿端麗な20代の新規女性会員が入会しています!
















2週間お試しキャンペーン



喜びの倍増 人に勧めたくなるプラセンタ!


39歳会社員女性(*^_^*)



ストレスなのかお風呂上りの肌がパサパサ…夏でも

カサカサして耐えられないです(;_;)

友達からもらったプラセンタ…

40歳でシワがないのはコレのおかげ!?

使ってみて納得!メイクののりも…

今度は自分で買わなきゃ!勧めたくなる一級品!

▼お客様の喜びの声が聞こえてくる…




渡辺美奈代さんのブログでも紹介!




posted by みるしょう at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してなんかいないくせに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

13 縛り










444.jpg


かるび―。

旦那との話し合いが終わり、

最後のお別れをした時だ。





「さよなら、元気で…。しあわせに。しあわせになって」



かるび
「…ありがとう。でも、うち…。どうしたらええんやろ…。わからんのやって…」




「ん? わからん?」



かるび
「旦那と一緒に…(職を)探せばええんかな…? それとも(見守って)黙ってた方がええ?」




「…ああ。そっか、なるほどな。俺も無職の時、あったからさ…そう考えると…」



かるび
「怖い…」




「え…?」



かるび
「…。」



(ああ、そうか。今、旦那が横で会話を聞いているから詳しくは言えないんだね)





旦那がこの後、職探しをするにあたって、

何もかもがスムースに行くとは思えない。


でも、誰だってそうだと思う。

かるびは、

この後、どんなことが起こるのか、

旦那がどういう行動を取るのか

想像すると怖いっていうことを言いたいんじゃないだろうか?

職がみつからなくて、また暴れる、とか。意見が合わなくて口論になる、とか。

…。









「そうだよな…。わかるよ、気持ちは。
とりあえず、最初は旦那と協力するかたちで、一緒に職を探してあげて。

旦那さん、かるびとの仲を修復したいっていうのもあるだろうから、
二人三脚で、優しく応援してあげて。無理させない程度に。

怒ったり、嫌味を言ったらダメやで。
優しすぎてもダメだけど…。

難しいな。
まあ…。

そうだな、もし、状況が変わったり、困ったことがあったら…。

最後の手段で。

本当に最後の手段ってことで…。

俺に連絡…くれる…かな。


俺が渡した携帯、まだバレてないやろ?

持ってて…。万が一の時のために




かるび
「う、うん。そ、それは…。助かる…けど。心強い…んやけど。」




「(かるび、話しにくそうだな。そろそろ、タイムリミットだよな)
あ、お金はいいから。家族の割引で、大した基本料じゃないからさ。
な?」



かるび
「いや、それはこっちで…頼むわ。うちも、それくらいなら大丈夫やから」




かるびは、一度言うと、かなり頑固だし、

電話が長引くと、また旦那の機嫌が損ねかねない。

俺は折れて、請求書をかるびの実家の方にまわすことにして、電話を切った。







明日、宮古に帰って※調べればわかるはず。

かるびに渡した携帯の料金が滞っていて、

それと連動して、メインである俺の携帯が止まった
としか思えない。









あれから、何か月経ったんだ…?

最初の頃は、

いつ、携帯に電話がかかってくるか、いつもドギマギしていた。

しかし、かかってくることはなかった。

かるび…、支払い忘れちゃってるのか?

まさか…。

あれから、旦那の方も特に進展がなく、お金に困ってるとか。

必要ないなら、解約しなきゃならないし…。

解約するにしても、一度は連絡したほうがいいだろうし…。

ああ〜、もう、こんな時に。困ったな〜。










(あの時…携帯を持っててって言ったのは…)





(本当に万が一のために…っていう理由だったのか?)





かるびとのつながりを…保っていたかったんじゃないのか?











保田。

保田が、俺の部屋で、待ってる。
posted by みるしょう at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してなんかいないくせに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

12 スウィング










ようやく、俺の実家に着いた。

懐かしい我が家。

少し、昔よりも煤(すす)けてしまっているのが寂しい。

隣には、母親が建てた小さな薬局がある。

俺は小学2年の頃から、ここで販売やレジ打ちなどをしていた。




家に入ると、母親が出迎えてくれた。

久しぶりに帰ってきたというのに、いきなりの女の子付き。

母親も、さぞ驚いたことだろう。

結婚報告か、或いは、こんな風にいつも女の子と遊んでる、

なんて、思われちゃいないかと、内心ヒヤヒヤした(笑)




しかし、さすが、保田。

挨拶も丁寧で、事情やお詫びなども含めてしっかりと挨拶してくれた。

(本当に俺たち、大人になってしまったんだなあ…。)

つい、彼女を中学生の頃の目線で見てしまいがちだが、

花も嵐も乗り越えた大人の女性の貫禄が見える。





母親は、歓迎してくれた。

いや、もともと、そんなにうるさい母親じゃなかったな(笑) そういえば。





大学の頃、

当時、つきあっていた彼女を、こんな風に実家に連れてきた
時も、

(厳密に言うと、俺の帰省に彼女が勝手についてきてしまった)

こっそり俺に二万円も渡してくれて、

「これで、二人でどっかに泊まって来い」と、男気のあるようなことを言ってくれたっけ。











あっ…



ふと、思い出す。

その大学時代の彼女が、ここへ来た時も、

今日と同じように、

俺はわざわざ電車に乗り、

地元の駅から歩いて、家に帰ったんだ…。



保田のことを思いながら。

保田と過ごした街をながめたくて…







大学時代の彼女は、ハアハア言いながら、歩いてついてくる。

「疲れたろ?だから言ったじゃんか、歩くからって。ついてくるなって」

「んーん。てっちゃんの住んでた街が見たかったの」

汗をかいた顔で、ニコリと笑った。

そんな彼女の気持ちも、ろくに考えず…。



(…保田に会いたいな…)



って、思ってた。

保田が結婚して、数年経っていたというのに…。

あの頃の自分をぶっとばしてやりたい…


ゆきちゃん.jpg


いくら若かった、とはいえ、俺も人のことは言えないんだ…。

かるびの旦那と同罪だ。

その後、何人かの女性とお付き合いしたけれど、

自分を慕ってくれた女の子を、こんな感じで寂しがらせたりしていたかもしれない。






保田に「好き」と言わなかった後悔、未練が、

他の女性と付き合っても、いつも、いつも、つきまとっていた。




だから、

最近、やっと。やっと、やっと、やっと、忘れたんだろ?

もう、大丈夫だと思ったから、保田に電話したんだろ? 俺?

思い出しちゃだめだ…。絶対に。

今、また保田のことを気になり始めたら…

俺は、今後の恋愛が出来なくなってしまう。





この時の俺は、異常なほどに、保田に対する思いを抑えていた。











保田を連れて、玄関から居間へ案内する。




保田は玄関までは来たことが何度かあるが、

ちゃんと家に入れたのは初めて。

当時、「入りなよ」って言っても、彼女、絶対に入らなかったもんな(笑)






保田
「あ、なんか、憶えてるゥ〜、テツヤん家。確か、アタシが誕生日の時〜!」




「そうそう。俺ん家(の玄関)、来たよな。俺とイサオが変な恰好をして」



保田
「ア・レ・! 超、驚いたんだからァ。二人でバカな恰好してさあ」




「うっそ、お前、苦笑いしてたじゃんか。へへ…って顔してさ(笑)」



保田
アラ、そうだったァン?(笑) 忘れたあ! あはははは」






居間には、俺の兄貴がいた。

兄は10以上、年齢が離れているし、性格は、全く俺と正反対。

一見、気難しく、近寄りがたい雰囲気を持っている(根は明るくて優しい)。

そこへ、サラッとそつなく挨拶をし、世間話にまで持っていく、保田。

自信に満ちた話し方。満面の笑顔。

これでも、サービス業の鬼と(言われてない)言われた俺が見ても、

100点満点の応対だった。


普段、あまり口を開かない兄も開かざる得なくなっている。

と、いうか、

保田は、仕事で、こんな風に接客してるんだなあと思って見ていた。

(こりゃ、オッサンから人気があるのもわかる)

アニキも、惚れたんじゃないかな…(笑)

性格は反対だけど、好みはおんなじだもんな(笑)











とりあえず、保田は、俺の部屋に待機してもらって、

少し、母親と話す。

「あんた、何回か連絡したけど、つながらなかったわよ

と、怒られた。





そうだ、携帯のこと。

なぜか、つながらなくなっている。

家の電話から、自分の携帯にかけた。

「現在、お客様のご都合により…」

やはり、これは料金未払いのための、一時停止だ。

おかしい…。引き落としになっているはずなのに。残高だってあるはず…。





俺が今、契約している携帯電話は、3台。




俺のだろ…

母親の…









あ! あ!!






わかった!


かるびだ!!


かるびに携帯電話を渡していた!!





a-ha "and you tell me"

君を嫉妬させようと変な小細工をしたり、
君が離れないようにするために僕は一生懸命努力したんだ
一日は長くて、夜は狂いそうになる
自分がおかしくなるんだ 君がいなくなってから
だけど、君はこう言う
”愛してなんかいないくせに”

タイトルは、この曲から引用しました。
当時、ウォークマンでよく聴いていた思い出の曲です。


Facebookお見合いアプリ

女性無料ご招待!日経産業新聞にも紹介されたFacebookお見合いアプリ「Omiai」
サービス開始わずか10日で男女のマッチング成立1,000件突破!
匿名性かつ、Facebook友達にも知られずに利用できるからあなたのプライバシー
も守られます。
毎日100名以上の容姿端麗な20代の新規女性会員が入会しています!
















2週間お試しキャンペーン



喜びの倍増 人に勧めたくなるプラセンタ!


39歳会社員女性(*^_^*)



ストレスなのかお風呂上りの肌がパサパサ…夏でも

カサカサして耐えられないです(;_;)

友達からもらったプラセンタ…

40歳でシワがないのはコレのおかげ!?

使ってみて納得!メイクののりも…

今度は自分で買わなきゃ!勧めたくなる一級品!

▼お客様の喜びの声が聞こえてくる…




渡辺美奈代さんのブログでも紹介!
posted by みるしょう at 20:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 愛してなんかいないくせに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。