2013年09月25日

17 いつも通り


AND YOU TELL ME (cover)







長い夜。



不思議な夜。



最後の夜.jpg
















愛してる。

はっきりと言える。

俺は、この人を愛し続ける。

命が尽きるまで。






そう、思った。









それぞれ、

別の人を好きになって、別々の人生を歩んでいっても。






これは、恋じゃない。

愛。






保田あおいは、大事な人。
























―朝。

まぶしい光が、何もかもを、リセットしていく。








彼女は、

母の作った朝ご飯を丁寧に食べ、

母も嬉しそうだった。







「綺麗で、すごくいい娘だねえ…





母が、家に来た女の子を、こんなに誉めることは、正直、初めてだった。






「でも…。テツには、たぶん、合わない感じがするね(笑)




…わかってるって(笑) ただのクラスメイト、友達だよ











タクシーを呼んだ。

さすがに、また歩かせるわけにはいかない。

なぜか、自分も一緒にタクシーに同乗する。








保田の家の前に着いた。

俺は、タクシーでそのまま帰る事をやめ、一緒に降りた。








保田
「歩いて帰るの?」




「うん。歩きたいんだ、また。なんとなく」



保田
「そっか…。」



保田が少し微笑んだ。









エイリアンズ.jpg
保田3姉妹あるはら用.jpg
やすだおんぶ.png
やすと公園.png



たった一晩、保田と一緒にいただけで、

こんなにいろんな事を感じ、考えさせられた。

正直、君と一生、一緒にいたら、大変だな(笑)



でも、

どれだけ充実した毎日が送れるんだろう、

なんて、考えたりもした。



ありがとう、保田。

楽しかった。心から。













彼女の長い髪の毛が、

少し早い春風に誘われて、たなびく。





小さく、手を振る。


asasisiのおばちゃん邸の前.jpg



保田
「じゃあ…、また」




「うん、また」











保田
「じゃあね!」












「じゃあな!」










雪解けのニュータウンの道を、真っ直ぐ歩いて行く。


少し振り返ると、

彼女の姿はなかった。






(おわり)

posted by みるしょう at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してなんかいないくせに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375693926

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。