2013年09月16日

15 愛してる







セクシー安.jpg
自分の人生を、
自分の気の弱さを、
誰かのせいにしたいくらい、
俺はとまどっていた―。







「わたしね―。」



保田は起きていた。

もしくは起こしてしまったのか、それはわからない。

まるで、何かの話の続きのように、保田は語り始めた。



ベッド保田3.1.jpg




「私ねー。結婚とか、もういいんだぁ」




俺は、もう、言い訳出来ないくらいの距離まで近づいていた。

保田は一度、目を合わせたが、すぐに空を見あげた。

何を―。

何を言い始めるんだ…?






「恋愛はしてるよ? でも、重たいのはイヤ」



「え…」



「一生懸命、頑張ったんだからァ。結婚生活。いろんな事にも耐えた」



「好きな人…いるの? っていうか、彼氏とか…」



「うん。いるよ」





よ、良かった…。

危うく、彼氏のいる人に、間違いを起こすとこ…

い、いや、良くない! か、彼氏…? そうか、もう、そんな…。 





「心」というものは、どこにあるのか。

おそらく、頭の中の脳なんだろうけど、

そのことを聞いた俺は、

背中から胃にかけて、ギュッと何かにつかまれるような圧迫を感じた。






「もう、耐えたり、縛られたり、約束したりなんかの恋愛はいいかな」





こいつ、なんだ?

読まれてた…? さっきまでの俺の考えていたことを…。

ああ、でも保田は昔からそうだったな。



「好きだ」って言いそうになると、

「私たち、男と女の親友だよね」って言われたり。

まるで、神様が仕組んだかのように、

俺と保田は付き合えないようになっているかのように。





また、黙るゥ…。なんか言ってよン(笑)」



「え…? い、いや、考えさせてよ。 あ、いや、思ったこと言うよ



「なに?」



「彼氏って…。じゃあ、今の彼氏は縛ったりとか…結婚とか…そういうのはナシ?」



「うん。でも、お互い必要としているし、愛してる」



「…しあわせなの?」



「うん! しあわせだよ!」







言葉が出てこない。

この現実。

まただ。また、一人になってしまう恐怖が襲う。

彼女が結婚するって言ったあの時と同じ…。





こんな気持ちになるなんて、そうか、俺は…。

俺は…たった一日で、保田への気持ちを甦らせていたのかもしれない。




でも、このまま黙ってると、また保田に心を読まれてしまう。






「だったらさ」





もう見切り発車だ。

読まれるくらいなら、言ってやる。

普段、思ったことを整理して飲み込み、

相手に合わせた行動ばかりとっている俺にとっては、冒険だった。






「だったらさ…! なんで、あんなこと言うんだよ」



「ん?なァに?」



「私たち、結婚しようかって…」



「え…! そんなコト、アタシ言ったァ〜ン?」



「そういうのさ、彼氏がいるのになんで言うの」



「ん〜。仮に言っても、冗談に決まってる…。テツヤならわかるでしょ〜?」



「俺と付き合えばヨカッタ、とかさ」



「だから…」



「好きでも愛してもいないくせにさ…ひどいじゃんか」



「だからァ〜。冗談…」



「気持ち悪いかもしれないけど、俺は冗談にとれないんだよ」



「ええ…」



「他の子なら…冗談だって、流せる…けど、お前だけは違うんだってば



「へ?」



「そんなこと言われると、嬉しいんだよ…お前に言われると」



「そ、そんな、テツヤ、怖いよ? 純情すぎ…」



「すごく嬉しいんだ…。だって…だってさ。お前の事、好きだったんだから…」



「なに…? え…?」






「ひどいよ! いっつもそうやってさ、残酷な冗談ばっか言ってさ…!」



ベッド保田0.1.jpg



「・・・・・。」






もうヤダ…。隠しててごめん。好きだったんだ、お前の事」



「・・・・・・。」



「知り合ったころから、ずっと愛してた。」












18年越しの、告白。





a-ha "and you tell me"

君を嫉妬させようと変な小細工をしたり、
君が離れないようにするために僕は一生懸命努力したんだ
一日は長くて、夜は狂いそうになる
自分がおかしくなるんだ 君がいなくなってから
だけど、君はこう言う
”愛してなんかいないくせに”

タイトルは、この曲から引用しました。
俺が保田に会いに行く途中、ウォークマンでよく聴いていた思い出の曲です。


Facebookお見合いアプリ

女性無料ご招待!日経産業新聞にも紹介されたFacebookお見合いアプリ「Omiai」
サービス開始わずか10日で男女のマッチング成立1,000件突破!
匿名性かつ、Facebook友達にも知られずに利用できるからあなたのプライバシー
も守られます。
毎日100名以上の容姿端麗な20代の新規女性会員が入会しています!
















2週間お試しキャンペーン



喜びの倍増 人に勧めたくなるプラセンタ!


39歳会社員女性(*^_^*)



ストレスなのかお風呂上りの肌がパサパサ…夏でも

カサカサして耐えられないです(;_;)

友達からもらったプラセンタ…

40歳でシワがないのはコレのおかげ!?

使ってみて納得!メイクののりも…

今度は自分で買わなきゃ!勧めたくなる一級品!

▼お客様の喜びの声が聞こえてくる…




渡辺美奈代さんのブログでも紹介!



posted by みるしょう at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してなんかいないくせに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。