2013年08月07日

11 今、伝えたいこと 〜愛してなんかいないくせに(4)








私のメインHPです。よろしければご覧ください⇒「らす★りぞ FFXI&イラスト」




今回、当時の思いを、本音で語っている文章があり、そこは一切まとめたり、編集しなかったため、お見苦しい部分があります。勘違いや誤解、記憶薄れの部分もあると思います。ご了承ください)
やすと俺すれ違い.jpg



保田
お邪魔…しちゃったカナ。ごめんね、久しぶりの実家だもんね」






ハア…。ここまで来て、保田を寂しがらせるわけにはいかないよな…。




「…いやいや、俺もさ、ホント嬉しいんだぜ? 
俺ん家まで、あともう少し。
…さっきはさ、ちょっと息があがってたんだって



保田
…なんだあ、そっかァ…。

って、ちょっとォン!?ナニよ、それェ? 
まさか、この保田ちゃんが、「重かった」とでも? ひどォい(笑)」








二人で、空高く笑いあった。

そうだよな、昔、こんな感じでよく笑いあった。とても懐かしい空気。




再び、保田をおぶったまま、歩きはじめた。










保田
「あ、あとね…」




「ん?」



保田
「心配してくれて、ありがとう。
テツヤしかそんなこと言ってくれないモン。
…でもネ




「…うん」



保田
「不安はいろいろあるけど…。
でも、でも、アタシは大丈夫。がんばるもん。
だから、心配しないでね。
保田、こう見えても、体育会系なんだから! 根性あるんだから(笑)」




「はは…」



保田
「テツヤなら、わかってくれてる、と思うけど…。

アタシさあ、人に頼っちゃうの苦手、なんだあ…。
自分ひとりなら、誰にも、文句言えないじゃない?
だって、自分のせいだもの(笑)

誰かを頼って、失敗して、迷惑かけたり…。

お姉が、言ってたでしょ、
テツヤが、知らないところでいろいろとやってたって。

それ、すごい、嬉しいの。
嬉しいんだけど…。

んんと、なんて言えばいいのかな…








いじらしいわ…。

…知ってるさ。保田の性格のことは。

彼女は前向きに物事を考える人だ。

俺の知ってる女性の中でも、一番、強いと思う。

でも、でも…、何かしてあげたいって思うんだよ、こっちはね。



それに…。

そんな頑固な君が、唯一「頼った」男がいるんだよな

元旦那(←もう、こういう言い方でいいよね)。

そこが、正直、ちょっとくやしい…とか。

ああ、やっぱり、俺って彼女とは次元が違うよな…。





「あはは。うんうん。
初めて会った日から、それは知ってるよ。
だって、こっちが優しく声かけたのに、突っぱねたもんな、お前(笑)

…まあ、ごめんな、俺も押し付けちゃったよな。
じゃあさ、とりあえず、本当に困った時は、その時は言ってな」












◎独白


1.2.jpg




1.23.jpg



ハア…。




なんか、もう、疲れた…。

また、やっちゃったって感じ。

自分の中であれこれ考えすぎちゃって。

彼女の言う事を深読みしちゃってさ。




変わんないよな、やっぱ。俺と保田の関係性はさ。

これからも。何年、経っても。


もし俺が、総理大臣になって、偉くなったとしても、

保田と出会ってしまったら、まるでリトマス試験紙のように化学反応をして、

中学の頃と同じになって、保田に頭が上がらないんだろうね。




今日、いろいろと、夢に描いていたことが実現しちゃったから。

その気にさせるような誉め言葉ばっか言うから!(笑)

めずらしく、俺なんかに着いて来たりするから…。

保田(33)最終Ver1.png

やすだおんぶ.png


つい、昔の気持ちに、戻っちゃったのかもな。勘違い。

悪気がないのは知ってるけど、俺も気をつけなきゃな。
 
保田に期待しちゃいけない、って、心に刻んでたじゃんか。






せつなくて.jpg

そう。



俺は、もう、お前の事は愛してなんか、ない。



メール、もらうまで、お前のことなんて忘れてたもん。



いや、それは嘘だ…。一日も忘れたことなんて、ない。



いや、忘れてた。



…もう、どっちかわかんないわ。




お前も、いい大人だもんな、俺の出る幕じゃないよ。

お前なら、一人でも、なんとかするだろうし。強い子なのはわかってる。

でも、頑張れ、頑張ってくれ、保田。

「親友」として、それは、本気で応援するよ。






昔、何回か、念を押されたっけ。

「テツヤとアタシは『親友』だよね!」ってさ。

「男と女の『親友』って、あるわよね!」ってさ。

俺の気持ち、知ってて、防御線を張ってた?(笑)

いや、それは冗談。保田は、そんなヤツじゃない。

でも、ごめんな! 俺、お前のこと、好きだったんだよ!

「親友」のフリしちゃってたけどさ。


やす90.jpg
やす999.jpg





お前が、急に元気がなくなった時があってさ。

心配になって、

何度も話しかけたり、呼び出したりしたけど、全然ダメでさ。


そしたら、お前、急に、

「相談があるの…」なんて言うから、

夜だったけれど、慌てて走って、お前の家まで行ったよ。

(ゴメン。少しだけ「告白されんのかな」って思った(笑))

そしたら、



「好きな人がいるの」だって。




告白、手伝ったよ。俺が、その人にいろいろ聞いてさ。

「好きな人の恋のお手伝い」だってさ。



まあ、その後、別れて。お前、ちょっと泣いてて。

なぜか、かわいそうとか思っちゃうし。励ますしかないし。

やす88.jpg


その時、お前、俺になんて言ったと思う?憶えてる?




「テツヤはやさしいね」って。

「あーあ、私、テツヤのこと、好きになれば良かったね」って。




今日と、おんなじこと言ってたんだよ(笑)

軽い気持ちで言ったんだろうけど、

ちょっと、さみしかったなあ。

蚊帳の外なんだもん、発言が。

お前、俺のこと、一度でも好きだって思ったことあるの?(笑)

まあ、いつもそんなだったからさあ。

慣れっこだったけどっ。

それからだよ、だんだん、期待するのやめようって思ったのは。


これが、俺の、保田に対する『心のブレーキ』。









わかってる。保田は悪くない。何にも。

お前に「好き」だって言わなかった…、俺が悪い、そう、全部。

言って、フラれて、きちんと理由を聞いておきゃ、

こんなオッサンになっても悩んだりしないで済んだのに。

だから、どうでもいいようなことで、

今日みたいに、一人で勝手に疲れてた。







お前が、学校やめる前に、何度か話をしたよね。

俺が「頑張れ」って励まして。お前が「うん、頑張る」って言って。

大丈夫かなと思ってたら、知らない間にやめてて。

やめる、やめないは、それは仕方のないことだけど。

でも、いっつも一人で悩んで、パッと決めちゃうんだもんな



それで、しばらくして、

気が付いたら、あれだよ。














結婚しますって。

盛岡を離れるって。








133.jpg



























誰が、幹事をしたか知らないけれど、「送別会」に呼ばれて行ってみれば、

見たこともない、コートに身を包んで。髪型まで変わっちゃって。

花嫁姿みたいな、真っ白い化粧して…。





二人で話した時、相手ってどんな人?って、思わず聞いちゃった。

「うーん…年上。半年くらい前に知り合った男性」






もうその時から不安な予感しかしなかったよ。 正直さ!!



彼女の何を知ってんだよ…。

半年で、何をわかってあげられるって言うんだよ。











抑えられないm.jpg



やす99.jpg



2年1.jpg



夕暮れのやす9.jpg


夕暮れ.jpg


 








嫉妬です(笑)

何を言っても、しょうがないことはわかってる。

保田は、悩んでた。俺は声をかけることしか出来なかった。

保田は、常に上へ目指して生きているような人だ(と、俺は思っている)。

今いる現状を、今いる世界をガラッと変えてくれる人を求めていたんだなあ。

今の俺ならまだしも、ガキだったからね、俺。






最後の見送りのところで、

もう、「親友」どころか「その他大勢」だった俺は、

彼女の嬉しそうな顔を遠くから見ていた。

さよならって。


お別れ2.jpg


さよならって。

さよなら、保田。







一言、言うのが精一杯だったよ。









長くて、つらい片思いが終わったって、ちょっとホッとしたのもある。

俺の青春、終わったなーって。

保田が誰と一緒でも、

ともかく幸せだったら、それでいいからって。

俺も、まだまだ若いし、別の好きな女の子みつけよう、なんてさ。



一生懸命、忘れたよ?

一生懸命、自分をごまかした。

時間もかかった。



好きだって言って、フラれるショックよりも、

言わなかった後悔の方が、ショックが大きいなんて知らなかった。



だってさ、ここだけの話。誰にも言えないけれど。

あれから、俺も、何人かの女性とも交際してきた。

なのに…、なんで。

頭の隅にもないほど、お前の事なんて忘れてるはずなのに、

突然、夢の中に現れたりして、「え?」って思ったり。

つきあってる彼女の顔が、なぜか一瞬、お前の顔に見えて、

抱いている時ですら、フラッシュバックして…。




今はもう、愛してなんかいないけど。

後悔が、ずっと心の奥に残ってる。

年を取るにつれて、ひどくなってくる。




もう、忘れた。

でも、今日みたいなことがあると、ふと、思い出す。




俺が死んで、灰になっても、この後悔だけは、灰に残っているのかなあ。









頼む…、

本当は、今、こう思ってるんだ。

保田、俺に言ってくれよ。

「テツヤ、助けて」って。

「テツヤ、力を貸して」って!

頼むから、一度でいいから、俺を、頼ってくれよ。





そう言われたなら、俺は―。

どんなことだって。






”生涯、忘れることはないでしょう”



Facebookお見合いアプリ

女性無料ご招待!日経産業新聞にも紹介されたFacebookお見合いアプリ「Omiai」
サービス開始わずか10日で男女のマッチング成立1,000件突破!
匿名性かつ、Facebook友達にも知られずに利用できるからあなたのプライバシー
も守られます。
毎日100名以上の容姿端麗な20代の新規女性会員が入会しています!
















2週間お試しキャンペーン



喜びの倍増 人に勧めたくなるプラセンタ!


39歳会社員女性(*^_^*)



ストレスなのかお風呂上りの肌がパサパサ…夏でも

カサカサして耐えられないです(;_;)

友達からもらったプラセンタ…

40歳でシワがないのはコレのおかげ!?

使ってみて納得!メイクののりも…

今度は自分で買わなきゃ!勧めたくなる一級品!

▼お客様の喜びの声が聞こえてくる…




渡辺美奈代さんのブログでも紹介!
posted by みるしょう at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してなんかいないくせに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。