2013年08月04日

8 恋愛>友情

いつも投票してくださる方へ:ありがとうございます、励みになります。





私のメインHPです。よろしければご覧ください⇒「らす★りぞ FFXI&イラスト」



保田(33)最終Ver1.png




お互い、年、取ったんだなあ。

図太くなったよ(笑)

あの、保田が、

しょうがないとは言え、
人前でおしっこするんだもの。

中学の頃だったら…保田は、崖から飛び降りてただろう(笑)

でも、親近感、わいちゃったよ。

なんか、会社の女性スタッフとおんなじような感覚になってきた。




保田
「ごめェん…、お待たせ…」




「いや、全然。悪いな、こっちこそ気づかなくって」



そして、昔の俺だったら、ここでからかってたんだろうな(笑)







保田
「あはっ、からかわないんだ?(笑) てっきり、笑われると思った!」




「…え? だって…本気で困ってたことを、からかわれたらイヤでしょ。



保田
ええ?!  おお!…ヒュ〜♪ やっぱ、テツヤ、やっさしーい!(笑)」 




「! ……。」



保田
ぶw ちょ、また黙る〜。なんで、そこで、怒んのぉ(笑)




怒ってないってば! …もう、いちいち、俺の心、読むのやめてくんない?(笑)」








保田の家から出て、15分くらい経っただろう。

俺の実家まで、歩いて、まだあと20分くらいある。







保田
「んー…」




「あ。やっぱり…?」



保田
「うん…。ごめん。…おんぶ…




だろうなw

こうなるって、最初から思ってたんだよ(笑)

明日は筋肉痛だなあ。

俺は、しゃがんで、手を後ろへあげた。



やすだおんぶ.png

保田
「ごめんねェ…。あ、私、手、洗ってないよ?」




「大丈夫。」



保田
「…ありがと」







さあて、そろそろ、保田の身の上のことも聞かなくっちゃな。

離婚…は、したんだろう。

でなきゃ、実家に帰ってくるわけない。

それは、聞くだけ野暮だ。




「なあ、保田。」



保田
なあ…保田。(俺の声の真似。めちゃくちゃ低い声で)」




「ンなっ…!?」



俺の背中で、ケラケラ笑いながら、足をバタバタさせる保田。

”おんぶ”って、見た目、楽そうに見えるけど、

背中で暴れられると、けっこう、キツイんだけど。



保田
あは!あはははは! ああ…、おもしろ!w たのしーい!あはは…
はあ〜…。笑いすぎた〜…」




「お前よ〜…」



保田
あ!そうそう! 最初ン時に聞いたけどさ、やっぱ知りたい!
なんで、イサオと会わなくなったの〜? ケンカしたの!?
…だってさ、アンタたち、中学時代、金魚のフン(笑)じゃないけどさあ、
いつも、くっついてたじゃない!」



もう…。

こっちが心配して、いろいろ質問しようと思ってたのに…。

昔っから、なぜかこうやって、調子狂わせられるんだよなあ。




ひどい言い方だな、オイ(笑) 
いや、イサオはさあ…。まあ、高校入ってから、ちょっとなあ。
趣味嗜好が合わなくなったっていうか。でも、絶交したわけじゃないよ?」



保田
「ふう…ん。そっか。まあ…人なんてさ、変わっていくよね。いろいろあるわ!」




意味深だなあ、保田(笑)

って、いうか、イサオのこの話も言えないよな…保田に。







抑えられない.jpg

中学時代、

保田の言う通り、毎日のように一緒につるんでいた「イサオ」は、

お互いの家を泊まり合うほどの大親友だった。

でもある日、

話の流れで、イサオが、

「俺、実を言うと、小学校の頃から保田あおいが好きなんだ。」

と言ったんだ。

俺は、その時、動揺してしまって、

「お、俺は…好きな子なんていないよ! いるわけないじゃん!」

と、

こともあろうか、大親友に、大嘘をついてしまった。

イサオは「えー…」と言って、ちょっと疑惑を抱くような顔をしていた。

そりゃそうだよね、

誰が見たって、俺はあからさまに保田にばかりアプローチしていたんだから。

全く持って、俺はガキだったんだ。




でも、

俺は、イサオの気持ちをわかっていながらも、

背中に冷たい視線を感じながらも、

目の前に保田がいると、話したい、という衝動を抑えきれなかった。

イサオは、もともとクールな性格で、保田の前であまりしゃべらない。

俺はおしゃべりだったから、つい、彼女に話しかけてしまう。

この頃から、段々と、イサオとの間がギクシャクしていった。

そればかりが原因じゃないけどね。





まるで、安いドラマや少女漫画のようなベタな展開。

でもさあ、ベタな展開でも、実際に自分の身に起こったら、結構キツイもんだね。




保田の事を思うと、

同時に「親友をなくした」罪悪感もセットで思い出してしまう。







保田、

俺はやさしくなんかないんだよ。

お前だったから、やさしくしたんだ。

ただ、それだけ。

下心みたいなもんさ。君と仲良くなりたかったんだ。

誰にでもやさしい人間なんかじゃ、ない。

やさしいと言われると、つらい。むしろ、汚い。

いざとなったら、裏切ることもするんだよ。






Facebookお見合いアプリ

女性無料ご招待!日経産業新聞にも紹介されたFacebookお見合いアプリ「Omiai」
サービス開始わずか10日で男女のマッチング成立1,000件突破!
匿名性かつ、Facebook友達にも知られずに利用できるからあなたのプライバシー
も守られます。
毎日100名以上の容姿端麗な20代の新規女性会員が入会しています!
















2週間お試しキャンペーン



喜びの倍増 人に勧めたくなるプラセンタ!


39歳会社員女性(*^_^*)



ストレスなのかお風呂上りの肌がパサパサ…夏でも

カサカサして耐えられないです(;_;)

友達からもらったプラセンタ…

40歳でシワがないのはコレのおかげ!?

使ってみて納得!メイクののりも…

今度は自分で買わなきゃ!勧めたくなる一級品!

▼お客様の喜びの声が聞こえてくる…




渡辺美奈代さんのブログでも紹介!


posted by みるしょう at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してなんかいないくせに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。